ナマズ

私が子供の頃には、ナマズ・ドジョウ・手長エビなど川に沢山いてよくとったものです。
もちろん全て食べられました。特に黒い手長エビは糸にタニシをくくって、よく釣れました。
これはテンプラにすると美味しかったです。

今日のナマズは今でも記の川の下流域の用水路に案外多く生息していると云われます。
口元のひげは小さいときは6本あって大きくなると4本になるそうです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

grand
2006年01月21日 08:32
なまずはたまにしか捕れなかったですがその場で逃がしてました、どじょうもエビもいいっぱい捕れました。から揚げで食べてました。エビが一番美味しかったです。紀ノ川はきれいな川ですからいまでもいっぱいいるでしょうね。
2006年01月21日 11:10
grandさん、コメントありがとう。
今の子供たちは、殆ど知らないでしょうね。
紀の川に生息していると言われますが、見たことがありません。
2006年01月21日 13:33
ナマズは 水族館で見るものとばかり 思っていました
食べれるのですか・・・へ~~~
2006年01月21日 16:36
子供の頃は随分と川にいたような気がしますが、今見かけることがありません。実際にはいるのかもしれませんが、川遊びというものを忘れて久しいです。
 うなぎが取れれば喜んで、なまずだと少し寂しかったような記憶があります。
2006年01月21日 17:11
mamaさん、私たち貧乏人は何でも食べましたよ。
ナマズも白身で結構美味しかったことを覚えています。
ゆうくらふとさん、その通り、うなぎを釣りに行ってよくナマズが掛かりましたね。
お二人さん、コメントありがとう。

この記事へのトラックバック