キンカンの色づき

家のキンカンもこんなに色づきました。毎年は鳥の餌になるのですが、どうしてか今年は鳥も食べにきてくれないのです。まだ腐ってるわけでもないと思うのですが・・・・・。

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヨウちゃんのばあ
2006年01月23日 09:29
こちらは8時前から雪がチラチラしています。金柑たくさん生っていますね。せっかくだから甘露煮にされたら如何でしょうか。お茶請けにすれば美味しいし喉にいいしお勧めします。
2006年01月23日 09:41
子供の時はよくキンカンを食べましたが、最近は全く食べません。甘さと酸味と苦みが混じったような味は懐かしいですね。子供時代に身の方を食べてみたことがありますが、その酸っぱさは強烈だったことを覚えています。皮を食べて身が食べられない不思議な果物です。鳥は皮だけをつつくのでしょうか?
2006年01月23日 09:57
沢山の金柑ですね。
喉に良いそうですが、此れだけの実が成るのだから
花の頃も奇麗でしょうね。みかんの花と同じ様な
香りもすると聞きましたが、満開時はさぞかし良い匂いが
するんでしょうね。
2006年01月23日 11:57
ヨウちゃんのばあさん、甘露煮ねいいかもしれませんね。柚子で作るととても美味しいですから。

世話役さん、鳥も川だけ食べましね。だから鳥が来ると、そこらじゅう、キンカンの食べくさしが散乱するのです。

花咲か爺さん、確かに喉にいいですよ。キンカン酒、キンカンの蜂蜜漬け、
を暑い湯で溶かして飲むのです。

2006年01月23日 13:11
こんにちは
 何故、鳥が来ないんでしょうか?
キンカンは風邪予防になるそうですから、鳥に上げずに
人間さまが食べてしまっては?
食べないんですか?
ドンとボスのママ
2006年01月23日 14:21
沢山のきんかん、売るほどありそうです(~o~)
和歌山県とは、縁が無いと思っていましたら、串本のみかん農家から
ニューサマーオレンジとか送ってもらっていました、
そちらは暖かそうですね。
2006年01月23日 15:48
恵雅さん、鳥が来ないのは、まだ山にこれより美味しい食べ物があるからでしょう。なくなれば来ます。今年は人間様が食べようと思ってます。鳥たちが来るようになったら全て採ってしまってやろう。

ドンとボスのママさん、これだけあれば結構キンカン酒つくれます。
がんばります。
2006年01月23日 21:47
彦左さんたく、たくさん金柑が生って羨ましいです。我家の小さな金柑の木、枯れました。金柑って、ちょっと入って400円くらいなんですよ。私はいつも、金柑を鍋一杯煮て、最初沸騰させて、2回位までは茹でこぼし、あと砂糖(家では蜂蜜)であめ色になるまでコトコトと煮るんですよ。金柑の甘露煮が出来て、汁は咳止め、金柑はお茶請け、風邪の時などに戴きます。
彦左さん宅の鳥は、金柑で益々元気にいい声を出しているのですね。
そんそう、金柑酒作られるのですね。甘露煮より簡単でいいですよね。
2006年01月23日 21:55
びっしりといっぱい実がついてますね~ 
実はどれくらいの大きさですか?
数もすごいですけど、1つ1つが立派ですね~
2006年01月24日 03:39
彦左さん、今晩は♪
キンカン、美味しそう(^^)。
お食べにならないのですか?
鳥どもに食べさせるのは、モ
ッタイナイ様な(^^)。
2006年01月24日 08:50
一花さん、キンカンの甘露煮、一度家内に云って作ってもらいます。

たかねまんてまさん、実の大きさは写真に映すと大きく見えますが
実際は直径2Cmぐらいでないですか、もう少し大きいのもありますが

ちむぐくる亭さん、今年は食べますよ。昨年は全部鳥の餌でした。

この記事へのトラックバック