彦左のデジカメ写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 温山荘園

<<   作成日時 : 2006/08/21 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

有形文化財の指定を受けている「潮入式池泉回遊庭園」琴の浦・温山荘園は、大正初期から昭和の初めにかけて造園された「潮入式池泉回遊庭園」で、庭園内に海から水をひいた池が、潮の干満に応じて水位が上下する大変めずらしい造作となっています。

由緒:
愛媛県生まれで明治21年に日本で初めて動力伝達用革ベルトを製作し、その後世界有数のベルトメーカーとなった新田帯革製造所(現ニッタ株式会社)の創業者、ニッタ長次郎翁により、この地に造園されたものです。「温山荘」の名称は、翁の求めに応じて東郷平八郎元帥が翁の雅号”温山”より命名されました。当初は翁の健康維持のために使われていましたが在世中に一般にも開放されました。翁の没後はその遺志により、「財団法人・琴の浦温山荘」が設立され、管理にあたっています。


画像



下の画像をクリックするとスライドショーに入ります。30枚の写真がスライドします




園の中の小さなトンネルをくぐると海に出てマリーナシテイーが見えます。ここにカラスが一羽いました。(ちょこっとムービー)下の画像をクリック



下の画像をクリックしてください。地図がでます。いつもの通り、地図はマウスで自由に動きます。上のタイトルをクリックするとオフィシャルページに、ポイント表示または右上のメニューでスライドショが出ます。サテライトもよく見えます。周辺も見てください。地図は物語です。
Minoru Kishi

バナーを作成

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
>「潮入式池泉回遊庭園」で、庭園内に海から水をひいた池・・
潮の香りがして来そうな素敵な庭園ですね
水面に波しぶきのようなものや泡がが写ってますが
海水が入って来るからなのでしょうか?
日本庭園を出ると長近代的なビルが建ち並ぶ
最近はこういう景色が当たり前になってきましたね
狭い日本、仕方のないこととは言え少し寂しい気がします
hina
2006/08/22 09:10
hinaさん、コメントありがとう。
大きな庭園で綺麗ですよ。12月から2月まで冬の間は休館しています。
その他は月曜日を除いて開園しています。入園料400円です。
彦左
2006/08/22 15:47
こんばんは、随分と贅沢な広々とした庭園で建物も昔懐かしい屋根でしたね。「潮入式池泉回遊庭園」で、有形文化財の指定で珍しくて貴重なのでしょうね。庭園の水は潮水ってことですよね。トンネルをくぐれば3枚目の画像のところに出て、先の静かで優雅な庭園の雰囲気が一変してしまって、海の先に近代の建物があって我に帰ってしまいますね。
相変わらず彦左さんは、素敵な所をあちこちお出かけなさいますね。
一花
2006/08/22 23:33
一花さん、いつもながらご丁寧なコメント本当にありがとう。
ここのトンネルは園内ですので、近代建物を見てはすぐまた元へ戻る訳です。
このビル群は人工島のレジャーランド「マリーナシテイーに作られたリゾートマンション群です。ヨットを持って居るようなお金持ちさんの別荘ですね。
孫守で疲れて、そして加齢と共に弱っているので殆ど出ませんよ。ブログもネタ切れになりそうでフウフウしてます。
彦左
2006/08/23 08:15
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山(市)情報へ
にほんブログ村
温山荘園 彦左のデジカメ写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる