県立自然公園・亀池(海南市)

海南市にある。県下最大級の溜め池「亀池をご紹介します。県立自然公園に指定です。

県立自然公園 亀池 
江戸時代に全国各地の新田開発に尽力し、
紀州流土木工法の祖といわれた井沢惣兵衛為永によって造られた、
県下最大級のため池。昭和43年に、紀州徳川家の別邸である双青閣が、
池の中央の中島に移築されました。
桜の名所としても知られ、4月初旬には「 桜まつり 」が行われます


ますは、亀池の由緒を見てください。クリックで大きくなります。
画像


下の画像をクリックしてください。28枚の写真がスライドします。



地図からでも見られます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • 世話役

    亀池は大きな池ですね。地形や工事期間が短いことを考えると、この
    池はダム湖ですね。大阪の狭山池と同じ工法です。宝永7年というと大和川の付け替えから3年目ですね。
    2006年08月28日 10:19
  • 彦左

    世話役さん、コメントありがとう。
    ここはサクラの頃に桜祭りをするそうですが、その時が素晴らしく綺麗だそうです。私も初めて行って大きさに吃驚しました。中州に建っている紀州徳川家の別邸である双青閣に渡る橋には通行止めになっていて残念でした。桜祭りの頃は解放されるといいのですが。
    2006年08月28日 11:49
  • 湖のほとりから・・・

    水面がキラキラ・・。周りの散策路も木漏れ日がいっぱいで、気持ちが良さそうですね。秋の紅葉も美しいのではないでしょうか?
    2006年08月28日 16:44
  • のあ

    随分大きい池ですね。桜祭りの頃は桜満開で賑わうのでしょうね。
    秋は紅葉が池に映えてきれいなのでしょうね。
    2006年08月28日 20:59
  • Tatehiko

    江戸時代の人がよくもこれほど大きな池を作ったものですね。
    農業用のため池なのでしょう。
    近年作られるため池は、すぐに泥が溜まって環境変化に苦慮している話を聞きますが・・・環境になじんでいますね。
    2006年08月28日 22:57
  • 彦左

    湖のほとりから・・・さん、コメントありがとう。
    ぐるっと散策遊歩道がいいです。秋も一度いって見ます。
    ここは娘の家から近いのです。

    のあさん、コメントありがとう。
    桜祭りと、紅葉は是非行ってみたいです。

    Tatehikoさん、コメントありがとう。
    時代を考えると本当に大工事ですよね。
    この池は環境にいいですよ。ただ気になるのが流れ込んでいる
    亀の川っていうのが草ボウボウです。
    2006年08月29日 11:33
  • 一花

    こんにちは。海南市は和歌山市の南にあるのですね。地図で見せて戴いても、この亀池は結構大きなものですよね。周囲は遊歩道(散歩道)がありますが、何キロ位なんでしょうね?地図の大きさからちょっと想像が出来ないのですよ。コレだけの大きなため池を、パナマ運河の148年も前に立派に作っている人が日本にいたのですよね。紀州徳川家のお殿様、お姫様もこの別邸である双青閣で桜祭りを見物されていらしたのでしょうね。
    此処は普段は、のんびりとした散策コースなんでしょうね。桜祭りの頃はすごいことでしょうね。
    都会の郊外並の立て込んだ感じですが、すぐ近くまでマイホームが建ってますね。彦左さんも相変わらず郷土史やらお好きで、勉強家でらっしゃいますね。お蔭様でこちらも色々知識が増えます~。
    2006年08月29日 13:17
  • 彦左

    一花さん、コメントありがとう。本当に和歌山でもこんな偉い人が居たのかと思いました。この徳川家の別邸双青閣かみたかったのですがダメでした。桜祭りのときを楽しみにします。海南市のこの近くに娘の家があるのです。この日も散策路を歩いているのが私一人だけでした。近所の人に道を聞いたのですが、「この暑いのに池に行くのか?」といった感じでした。
    2006年08月29日 14:26
  • hina

    こんにちは~。
    亀池の水面がエメラルドグリーンに輝いてとても綺麗.。.:*・゜☆
    これからの季節には最高の遊歩道ですね。
    秋の桜の葉の紅葉と、亀池の写真を楽しみにしております。
    2006年08月29日 15:02
  • 彦左

    hinaさん、コメントありがとう。
    双子の孫の男の子が連日40度の熱で弱っているのでばあさんと二人で娘の家へ来ています。この返礼もそこからの発信です。秋の紅葉時も亀池には来たいと思っています。
    2006年08月29日 17:52
  • さくらみち

    江戸時代に井沢惣兵衛為永によって亀池が造られたそうで、時代を考えても簡単な工事ではなかったでしょう 亀池のお蔭でどれだけ住民が潤った事か 又いまでは桜の名所としても市民の憩いの場になってるのは素晴らしい事です あの辺りは池が多いのですね
    地図を北西に辿ってゆき亀川小学校を見つけました
    昭和19年の夏 亀川村浄念寺(今は海南市)に親と離れ学童疎開をしました 19年12月7日風邪をひいて一人お寺で休んでるとき東南海地震に遭い心細い思いをしたのを今も時々思い出します
    海南駅から浄念寺まで歩いたのですが途中大きな池がありました (なんと言う池か解りませんが海南市クリーンセンターのそばの池)亀池の写真のように澄み切って回りは鬱蒼とした池だったと記憶してます
    40年後友達と訪れお寺も神社もそのままで”永い修学旅行やったね”と懐かしんだ事でした
    2006年08月30日 16:10
  • 彦左

    さくらみちさん、コメントありがとう。
    亀川地区へ疎開されてたのですか?
    和歌山市の北西にある私の家から海南の娘の家に行くのにこの道を通っています。昨日も亀川中学校のすぐ隣の山の上にある且来・八幡宮に行ってきました。後日ブログアップします。このあたりも溜め池が多いですね。
    2006年08月30日 18:56